News & Blog

ホームニュース&ブログ歌うまテクニック

歌うまテクニックカテゴリのニュース&ブログ一覧

歌うまテクニック

  • 2022.09.20 歌うまテクニック

    英語の文章の流れの中で「ほとんど発音しなくて良い」、 もしくは「とても弱い発音になる」ことが多いのですが、 これって洋楽を歌う時絶対知っておきたい。 今日は人称代名詞の「h」で始まる場合です。 「her (彼女の)」や「him (彼の)」 って東西問わず、歌詞の中の頻出…[続きを読む]

  • 2022.09.01 歌うまテクニック

    歌がうまい人の特徴 歌がうまい人の特徴を分析してみましょう 1音程が正確 2リズムが合っている 3声に響きがある 4言葉が聞き取りやすい 5抑揚がある 6なんでも歌える!!人気者!! 1の音程の正確さは、 よく聞く…[続きを読む]

  • 2022.08.20 歌うまテクニック

    数回にわたって英語の脱落(リダクション)についてお伝えしています。 洋楽のレッスンをしていてありがちなのが、とても前置詞の発音が強すぎる。 下の文章の()の部分ですね。 ・I put it (in) my bag. ・I’m at (the) station. ・You…[続きを読む]

  • 2022.08.10 歌うまテクニック

    皆さんはレッスンで使う歌詞カードをどのように作っていますか? レッスンをやりやすくする歌詞カードの作り方を伝授したいと思います! まず小さい文字で、改行されていないもの。これは絶対にダメ! これでは書き込みができませんね。 複数枚になっても良いので、行間を充分に開けて…[続きを読む]

  • 2022.08.01 歌うまテクニック

    のどを鍛えたほうがいい! とは言うけれど、歌い続けたり、酷使したりするはNG!! 鍛える!と聞くとついついやりがちです。 喉を鍛えるって一体何? 口の中首の中には何があるのか考えてみましょう。 舌、軟口蓋、気道、食道、声帯、骨、筋肉、筋、 それらを潤滑に動かせるよ…[続きを読む]

  • 2022.07.20 歌うまテクニック

    数回にわたって英語の音の「脱落」=リダクションについてお伝えしてます。 どうしても文字通りに発音したくなってしまう私たち日本人。 真面目ですからね~(笑) でも音の「脱落」を知ると、とたんに英語らしくなります。 そして、この「基本ルール」を抑えると、ぐっと理解しやすくなるかと…[続きを読む]

  • 2022.06.20 歌うまテクニック

    英語の音が繋がるパターンの他に音の「脱落」パターンもあると お伝えしましたが、何故か? それは発音しない方が 「楽」 だから。 会話の中で自然な流れになるんですね。 なので、きっちり言おうとしなくて良い、良い(笑) 下は子音の破裂音と破裂音の組み合わせ …[続きを読む]

  • 2022.06.10 歌うまテクニック

    レッスンで口の開きや、姿勢などを注意されたことありませんか? それらをきちんと変えるだけで、声も驚くほど変わってきます。 レッスン室に鏡が置いてあるのは自分の姿を確認するためです。 鏡を見ながらやるのももちろん大切なことですが、一番のおすすめは録画をすることです。 歌も録音で…[続きを読む]

  • 2022.05.31 歌うまテクニック

    自分に合う曲ってどれだろう? 皆さんなかなか難しいと思いますよね。 そもそも歌いたい曲と、歌える曲は必ずしも合致しない! 音域の違いや、声質の違いがあるからです、キーを変えたりする事で歌えるようにはなりますが、 似合っているか?と言われると、、、、 自分に合う曲を探すコ…[続きを読む]

  • 2022.05.20 歌うまテクニック

    今までのブログで英語の音が繋がる「リンキング」の例を見てきましたが、 これからは音が「脱落する」パターンです。 前にも書きましたが、洋楽にトライする生徒さんにありがちなのが、 学校で習ったように単語の隅々まで発音しようとすること。 確かに日本語では一言一句発音しないと言葉が伝…[続きを読む]

ご要望をお気軽にお知らせください

0120-980-4630120-980-463

受付 / 月~日曜日 5週目定休日 12:00 ~ 21:00

Event

YOKOHAMAボーカル教室では年間様々なイベントを開催してます。

News & Blog

YOKOHAMAボーカル教室の最新情報をお知らせいたします。