News & Blog

ホームニュース&ブログ5ページ

YOKOHAMAボーカル教室のNewsとBlogをお届けします。

ニュース&ブログ

  • 2023.02.20 スタッフブログ

    学生の頃、数学はあまり得意ではなかった(というか嫌いだった)のですが、 この試みはおもしろい! 「円周率π 3.1415926535・・・・・・(←これ永遠に続く) の数字を音にあてはめ、音楽にしてみよう」 というもの。 数学ー>理数系 音楽ー>文…[続きを読む]

  • 2023.01.20 スタッフブログ

    少し前から昭和の曲が、若い世代に人気だというのは言われていましたが、 1970、80年代のいわゆる日本の「シティポップ」がリリース時を知らない 海外の若者のハートもわしづかみしています! この時代は、日本のポップスが世界的に流行ってる洋楽のテイストをとり入れていた時代。 …[続きを読む]

  • 2022.12.20 歌うまテクニック

    そこそこ音がとれる生徒さんの悩みであるのが、 「合唱みたい・・・」 「学校のコーラスみたい・・・」 って言われるんです・・・と。 それはどうしてもメロディ主体で考えてるからなんです。 学校での音楽授業では大体ピアノ伴奏に合わせて、メロディや旋律を 大事に歌…[続きを読む]

  • 2022.11.20 歌うまテクニック

    洋楽を歌う時にちゃんと言葉言ってるのに なんか違う、なんかカッコよく聴こえない・・・ ってことありませんか? ちゃんと言ってるのに何が違う???? そう、その「ちゃんと言ってる」 がアダとなってます! よくあるのが、フレーズの冒頭に「I 」が来ると…[続きを読む]

  • 2022.11.01 イチオシコーナー

    思いを直接言葉で伝えるのは、中々難しい時もあります。 恥ずかしかったり、ありきたりだったり、薄くなってしまったり。。。 感謝や愛してる・ありがとう・さみしい・頑張って!・応援してる・ など言葉だけで伝えると何か熱量が足りない気がしますし、文章が上手すぎても感動が薄くなってし…[続きを読む]

  • 2022.09.20 歌うまテクニック

    英語の文章の流れの中で「ほとんど発音しなくて良い」、 もしくは「とても弱い発音になる」ことが多いのですが、 これって洋楽を歌う時絶対知っておきたい。 今日は人称代名詞の「h」で始まる場合です。 「her (彼女の)」や「him (彼の)」 って東西問わず、歌詞の中の頻出…[続きを読む]

  • 2022.09.01 歌うまテクニック

    歌がうまい人の特徴 歌がうまい人の特徴を分析してみましょう 1音程が正確 2リズムが合っている 3声に響きがある 4言葉が聞き取りやすい 5抑揚がある 6なんでも歌える!!人気者!! 1の音程の正確さは、 よく聞く…[続きを読む]

  • 2022.08.20 歌うまテクニック

    数回にわたって英語の脱落(リダクション)についてお伝えしています。 洋楽のレッスンをしていてありがちなのが、とても前置詞の発音が強すぎる。 下の文章の()の部分ですね。 ・I put it (in) my bag. ・I’m at (the) station. ・You…[続きを読む]

  • 2022.08.01 歌うまテクニック

    のどを鍛えたほうがいい! とは言うけれど、歌い続けたり、酷使したりするはNG!! 鍛える!と聞くとついついやりがちです。 喉を鍛えるって一体何? 口の中首の中には何があるのか考えてみましょう。 舌、軟口蓋、気道、食道、声帯、骨、筋肉、筋、 それらを潤滑に動かせるよ…[続きを読む]

  • 2022.07.20 歌うまテクニック

    数回にわたって英語の音の「脱落」=リダクションについてお伝えしてます。 どうしても文字通りに発音したくなってしまう私たち日本人。 真面目ですからね~(笑) でも音の「脱落」を知ると、とたんに英語らしくなります。 そして、この「基本ルール」を抑えると、ぐっと理解しやすくなるかと…[続きを読む]

ご要望をお気軽にお知らせください

0120-980-4630120-980-463

受付 / 月~日曜日 5週目定休日 12:00 ~ 21:00

Event

YOKOHAMAボーカル教室では年間様々なイベントを開催してます。

News & Blog

YOKOHAMAボーカル教室の最新情報をお知らせいたします。